エアコンの除湿と冷房 電気代が高いのは?

エアコンの除湿と冷房 電気代が高いのは?

エアコンの除湿と冷房の電気代を比較した場合、一般的には、除湿のときの方が電気代が高くなります。これは、冷却フィンに結露を起こさせやすくするために強冷房の運転をすることや、送風を再加熱するためにヒーターを使用することなどによります。

エアコンを冷房運転させたとき、冷却フィンには常に結露が発生しています。空気が乾燥しているときには結露がわずかであり、すぐに蒸発してしまいますが、日本の夏のように高温多湿のときには大量に結露し、通常の冷房運転でもドレン水をたくさん排出することになります。このように冷房と除湿は一体不可分のものであり、温度センサーが設定温度になるまで冷却し続ける運転モードを「冷房」と呼び、湿度センサーが設定湿度(40%、50%、60%など)になるまで強冷却し続ける運転モードを「除湿」または「ドライ」と称しています。

スポンサードリンク


ただし、このようなドライ運転には、往々にして冷房モードのときよりも冷え過ぎてしまうという欠点があり、現在では、除湿した空気をヒーターで再加熱して吹き出す「再熱除湿」という方法が普及しています。しかし、ヒーター加熱にはそれ相当の電力を必要とし、消費電力量は当然大きくなります。

高温多湿で部屋の湿度を一気に下げたいときや、室内干しの衣類を乾かすための「衣類除湿」・「ランドリー除湿」などを行うときは、電気代がかさんでしまうことは仕方のないことですが、幸いなことに、現在のインバーター式の壁掛け型エアコンは省エネ運転技術が発達しています。電気代の節約を考えるなら、通常の使用では、エコモードの自動運転に設定しておくのがもっとも経済的と思われます。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

エアコンのkwは部屋の広さに合ったものを選ぼう
エアコンおすすめ人気ランキング(口コミ大盛況順) みんなが選んでるエアコンはこ......
広い部屋(16畳/18畳/20畳等)のエアコンは、大型1台? 小型2台?
広い部屋(16畳/18畳/20畳等)のエアコンは、大型1台? 小型2台? 広......
電気代(消費電力)が一番少ないエアコン(メーカー)は?
電気代(消費電力)が一番少ないエアコン(メーカー)は? エアコンのカタログには、......
窓エアコン比較 窓用エアコンのおすすめは?
窓エアコン比較 窓用エアコンのおすすめは? 窓エアコン おすすめ人気ランキング......
エアコンの取り付けは自分でできる? 壁掛けエアコン&窓エアコン
エアコンの取り付けは自分でできる? 壁掛けエアコン&窓エアコン 窓用エアコンは、......
窓エアコンと壁掛けエアコンの電気代比較
窓エアコンと壁掛けエアコンの電気代比較 窓用エアコンは冷房専用機が中心であるため......
エアコンクリーニングの相場は?
エアコンクリーニングの相場は? 一般家庭向けのエアコンクリーニングは、主にハウ......
エアコンクリーニングの比較と業者の選び方
エアコンクリーニングの比較と業者の選び方 エアコンクリーニングは、前掲「エアコ......

▲このページのトップへ